未分類

kyokaはどこの国の会社?スマートウォッチの評判は?モバイルバッテリーが発火した?実際の口コミをもとに徹底解説!

目安時間 4分

kyokaは日本企業が所有するブランド名です。

所在地は日本ですが、製造は全て中国に依頼しているようです。

この記事では、スマートウォッチやモバイルバッテリーなどで、高いコスパを実現しているkyokaについてを徹底解説しています。

ぜひご一読ください。

kyokaは日本企業だが製造は中国

kyokaは「ソウシア商事株式会社」が取扱う、ブランド名です。

所在地は埼玉県川口市にあり、代表者は中国名でした。

ソウシア商事株式会社の公式サイトには、製造に関しては中国に依頼していると、イラスト付きではっきりと解説してあるので、製造国は中国で間違いなさそうです。

取扱説明書は日本語表記

会社自体が日本国内にあるため、取扱説明書はしっかりと日本語表記となっています。

最近では、複数の国で販売出来るように、様々な言語で書かれた説明書がひとまとめになっているものをよく目にしますが、kyokaの説明書は日本語単体で珍しい印象でした。

スマートウォッチはコスパが良く満足度が高い

kyokaのスマートウォッチは、Amazon等でも販売されており、5,000円前後の価格で取り扱われています。

Apple watchが3万円から10万円くらいするのに対して、とても格安となっているので、コスパを重視したユーザーからは高評価が集まっています。

レビューを深くまで読んでみても、極端にマイナスなレビューは見当たりませんでしたので、満足度は非常に高い印象を受けました。

もちろん、10万円するApple watchと比較した際には、機能面で劣る点はありますが、そこは価格相応ということで、皆さん納得されているようです。

モバイルバッテリーの発火情報は見当たらない

検索窓にkyokaと入力すると、関連ワードにモバイルバッテリーの発火についてが表示されます。

しかし、これについては記事制作時点(2023年3月)では、有力な情報は見つからず、発火の心配はないかと検索されることによって関連ワードに表示されたのでは、と判断しました。

Amazonの商品説明欄を確認すると、安全を保証するPSE認証はされているようですし、レビュー欄にもそこを指摘するようなものはありませんでした。

発火に関しては、正しい使用方法をしている分には、特に心配はいらないかと思います。

まとめ

ここまでkyokaについて解説をしました。

私が調べた限りでは、目立った悪い点は特に無く、製造を中国に依頼している為にコスパの良さを実現している企業という印象でした。

スマートウォッチやモバイルバッテリーは、長い期間使えるといっても所詮は消耗品です。

いつかは壊れるということを前提にして、kyokaで安く揃えるのも良い選択肢ではないでしょうか。

コスパ重視で考えているユーザーさんは、ぜひ一度、kyokaの製品を手に取ってみてくださいね。


   未分類   0

この記事を書いた人

Orenuman

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: